別れさせ・復縁

別れさせ・復縁工作の必要性

  • 例えば・離婚後また別れたあとにわかった事実。
  • きっかけが持てない方。
  • 主人・妻の愛人との関係を終わらせる。
  • 婚前調査で失望された方。
  • 婚約中にわかった事実。

大事にしない為にも、水面下に進めるスペシャリスト達がご相談に応じます。

答えが出ない!そんな方へ

あなたのトラブル解決致します。

復縁・別れさせ工作

プロジェクト①

 <調査項目>

自宅環境調査(自宅立地条件・周辺住民など)
行動調査(出退勤調査・外出時立ち回り調査など)
交友関係調査(ターゲットが接触した人物など)
継続性のある行動の確認(同じポイントへの来訪など)
性質調査(食事などの習慣性や購入するものの系統、趣味など)
※これらを2週~3週にかけて調査を行い、工作ポイントの設定、計画、工作員選定を行います。 

プロジェクト②

 いよいよターゲットへの接触を開始となります。

工作事前調査を踏まえて、まずは印象付けなどを行います。
ターゲットの性質によっては、たとえ別れさせ工作であっても同性工作員にてファーストコンタクトを取る事が御座います。
同性工作員を使用した場合には、まずはパイプ役となり、後に登場する異性工作員が接触し易い様にお膳立てを行います。

基本的には、①の調査で判明した継続性のあるポイントにて接触を図ります。

それは、いきなりターゲットと親密な関係まで持っていくのは難しい為、何度か偶発的に顔を合わせても不自然では無い状況を作らなくてはならないからです。

その為、対象者が習い事をしている、接客業などの仕事をしているという背景があれば活動にはプラス材料となってきます。

ターゲットに対して異性工作員で接触を行った場合、その後は親密度を向上させる手法を用いて行きます。

同性工作員での接触から入った場合には、飲みの席や合コンなどを企画して異性工作員に繋げるケースや、同性工作員の友人役として知り合わせるなど、状況に一番適した手法で望みます。 

プロジェクト③

ターゲットと異性工作員の関係を、短期間で一定の親密度まで上げなくてはなりません。
別れさせ屋活動の山場の一つとなります。
ここで事前に頂いた情報や事前調査で判明した情報が役に立ちます。
いつも購入している食べ物や飲み物があった場合、工作員も同じ物が好きだという事に出来ます。
またターゲットのお気に入りや頻繁に訪れているショップやお店があれば、その話題などを組み込んでいきます。
また同性工作員などで接触済みのケースには、異性の好みや理想などを事前に聞いておく事によって、よりターゲット好みの対応が可能となり、ターゲットから見た工作員はまさに『理想的な異性』と映ります。

その様な綿密な計画や下準備の下、急速な関係進展を実現させます。

プロジェクト④

 別れさせ工作は交際中の男女の関係を別れさせるものとなりますので、ターゲットには必ず交際相手がおります。
その交際相手とターゲットを別れさせるのが最終目的となります。
①~③までの活動経緯から、ターゲットの気持ちがかなりこちら側に傾いてきている様子の場合には、一定期間ターゲットの自由な時間をこちらの工作員で独占する環境を作り、物理的に会わせない様に持って行きます。

また交際相手の状況にもよりますが、ターゲットと工作員がデートしている所を、交際相手に見せてしまうという形も御座います。
後々の証拠としてプリクラや写メなども事前に撮っておきます。
またターゲットが工作員に携帯電話を見られてもおかしくない状況を作っておきます。
(ターゲットが部屋でトイレに行っている時、シャワーを浴びている時など)

※この段階で成功してしまうケースも御座いますが、中には執着してくる交際相手もおります。 

プロジェクト⑤

  交際相手に工作員の存在が伝わってもなかなか別れない場合には、交際相手に対して直接工作員がメールなどをする事も御座います。

事前にターゲットの携帯電話を見て交際相手の存在を知っていた、連絡先をメモっておいたという状況とします。

メール内容はターゲットと自分の関係や事前に撮った写メなどを送ります。

※流石にこの段階で成功するケースが殆どですが、稀にまだ執着してくる場合が御座います。 

答えが出ない!そんな方へ

あなたのトラブル解決致します。

さくら総合調査機関

Japan

プライバシーポリシーを読み同意します。

答えが出ない!そんな方へ

あなたのトラブル解決致します。